2012年05月18日

胸を大きくする食べ物は?





胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)を大きくする為には、どのような食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)を摂ればよいのでしょうか?

まず、栄養素としてひとまずあげられるのが、タンパク質です。

その中でも大豆製品(納豆がダメなんて人も少なくないですね。最近ではニオイを抑えた納豆も人気です)には、イソフラボンという成分が含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするので、バストアップのためには是非摂っておきたい成分です。

バストアップに限った事ではなく、美容にも有効でしょう。

また、大豆には良質なタンパク質が含まれています。

豆乳(大豆を原料とした飲み物の一種です)なら毎日でも摂りやすいのではないでしょうか?

他にも、乳製品や鶏肉なども推奨されているのです。

しかし、タンパク質の中でも油っぽいものは控えるようにしたほうが無難でしょう。

また、ビタミンやミネラルも摂取してもらいたい栄養分です。

野菜の中でもキャベツにはボロン(グラビアアイドルがキャベツを食べて巨乳になったと話したことで女性の注目を浴びている成分です)という、やはり女性ホルモンに似た成分が豊富に含まれているそうです。

なので、キャベツもどうか試してみるのがオススメです。

でも、いくらバストアップに繋がるという食べ物を摂ったところで、偏食していたり、小食だったりしてはあまり効果がありません。

脂肪が付かないと、バストアップにはならないみたいですね。

胸を大きくするという食物を取り入れた、バランスの良い食事を心がければ、効果があらわれることでしょう。

ただ、肝心の脂肪が、バスト以外についてしまっては困りものです。

特に下半身には脂肪が付きやすいですから、脂肪が付きにくいように体操(最近では、マルモ体操が人気を集めています。芦田愛菜ちゃん、かわいいですよね)を行うようにしましょう。



posted by ゆうとcv26 at 14:28| バストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

バストアップに有効な成分では・・・





バストアップに有効な成分と言うのも、昔から色々とよく言われますよね。

例えば、一番典型的なのは牛乳ではないでしょうか?

牛乳(その名の通り、牛のお乳です。苦手だという方も少なくないですね)は乳牛の大きな乳を連想しますから、古くからバストアップのために牛乳(たまに?に手を当てて飲む人がいますよね。お酒を飲む前に飲んでおくと、悪酔いしないともいわれています)を飲んだと言った女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)は多かったようです。

実際、それでバストが大きくなったという女性も多く散見しますが、それが本当に牛乳(たまに?に手を当てて飲む人がいますよね。お酒を飲む前に飲んでおくと、悪酔いしないともいわれています)の効果なのかどうかは、どうやら実証するのは難しいと言われていますね。

さて、では、本当に効果があるのはどんな成分なんです?

バストアップには、女性ホルモンのエストロゲンが大きく影響していると言われています。

妊娠中の女性の胸が大きくなるのも、このエストロゲンの分泌量が増えるからですね。

そんな訳で、エストロゲンに近い働きを持つ成分を含むもの、あるいは、女性ホルモンの働きを活発にしたり、補助したりする有効成分がバストアップに効果的と言われています。

有名なのは、大豆イソフラボンやプエラリア(過?に摂取すると副作用が起きる可能性も高いみたいです)・コロハ・ウイキョウという女性ホルモンの働きに近い効果のある植物で、その注目度はとても高いですよね。

また、ビールに含まれているホップ(エストロゲン様作用によって、睡眠時間延長作用や鎮静作用があるという説もあります)にも、女性ホルモンに似た働きがあると言われていて、一時期、ビールでバストアップって流行りましたよね。

女性ホルモンの働きを補助する成分としては、ビタミンB6やキャベツに多く含まれるといったボロンという成分にも、バストアップ効果的であると言われています。

ただし、海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)外のサプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)の中には、その成分がどの程度含まれているか分からない怪しい物もありますから注意が必要ですね。










<PR>
旦那と別れたい方へ!上手な離婚方法を教えています!
犬のしつけ!無駄吠えを止めさせる方法は?
posted by ゆうとcv26 at 14:28| バストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

ヨガ、ピラティスがバストアップにはいい?





女性のバストアップにたいする関心度は世界中で高く、さまざまな成分が発見されたり、エクササイズが行われたりしています。

最近人気が高いのが、ヨガやピラティスにバストアップ(以前は効果がほとんどないインチキなバストアップグッズも多かったものですが、最近ではそれなりに効果が期待できるものが増えてきたみたいですね)の効果をもたらすエクササイズを取り入れたポーズなどです。

ヨガとピラティスはよく似ているため、混同されている方も多いようなので少しだけ説明しますね。

ピラティス(タレントの渡辺満里奈さんが愛好していることでも有名なエクササイズです)はヨガを元に作られた物ですので、ヨガと似た部分が多いのです。

でも、ヨガは精神面のリラックスを目的としたポーズが主流であるのに対し、ピラティスは体づくりが目的のため、ヨガと比較すると動きがあり、エクササイズに近いといえます。

と言っても、ヨガにもピラティス(ヨガをアクティブにしたようなエクササイズで、呼吸法やポーズなどにより体幹の深層筋を鍛えます)にも多?の流派があるので、一概にいえるものではないのですが、一般的にはこのような違いがあります。

そして、その双方にバストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)に効果的とされるポーズやエクササイズがあります。

バストというのはその殆どが脂肪ですから、重力により下方に垂れたり、背中方面に流れたりします。

そこで、多くの女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)は、ブラジャーや補正下着をつけたり、マッサージ(服の上から行うこともありますが、一般的には肌に直接触れて撫でたりさすったりして、血行やリンパの流れを改善します)などを行って脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)を流れにくくしたり、流れた脂肪を戻したりする為す。

そういった努力も、当り前ですが、バストの維持やバストアップに繋がります。

でも、ヨガ(アメリカで流行し、エクササイズや健康法として日本でもブームになりました)のポーズやピラティスのエクササイズでは、新陳代謝を上げて豊胸効果(短期間で確実な効果を得たいなら、美容整形に勝るものはありません)を出すということが期待できます。

また、呼吸法や筋力トレーニング、瞑想(サッカーの日本代表キャプテンとして活躍している長谷部誠選手がベストセラーとなった著著「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」で紹介したことで、知った方も多いのではないでしょうか)、ポーズなどによって、骨盤の矯正効果を有するり、猫背を直して姿勢を正す効果などもあり、これらも豊胸効果(マッサージやサプリメントなどが手軽で取り入れやすいかもしれません)に一役買ってくれるでしょう。










<PR>
どもらずにしゃべる方法!どもらずに話すコツは?
大学受験で合格したい方!効率のいい勉強法はコチラ!
posted by ゆうとcv26 at 14:28| バストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。