2012年05月24日

理想的なバストについて!





理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)的なバストについてかんがえてみたいと思います。

顔が人それぞれなように、バストの形や大きさも人それぞれですよね。

バストは女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)らしさの象徴かも知れません。

一体どんなバストが理想的だというのでしょう?

バストも、大きければ良いと言うものではありません。

美しく見えるというのが大切です。

一般的に憧れるバストの形は、「半球型」となるでしょう。

日本人は「三角型」や「皿型」と呼ばれる形が多いと言われていますが、どちらも膨らみがあまりない形です。

「半球型」はふっくらとして丸みがあり、まさに理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)とする形です。

垂れ下がっていたり、横に広がったりしている場合は、理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)とは言い難いです。

大きなバストは垂れ下がりやすいのが、難点です。

常に筋力を鍛える必要がありますね。

また、乳頭は少し上を向いていらっしゃる人が形としてきれいです。

柔らかさとしては、適度な弾力があった方がいいかもしれません。

位置としては、左右の鎖骨の中心から、左右それぞれの乳首までを引いたラインと、左右の乳首のラインが正三角形になるのが理想的と思いますよ。

また、バストが身長に対して大きすぎず、小さすぎずというのが良いそうです。

理想的なバストに見えるには、様々なポイントがあるようですね。

胸が大きくなりたいという悩みを抱える人は多いと思いますが、いずれかと言えば、美しいバストになりたいという女性の人が圧倒的に多いのではないでしょうか?



posted by ゆうとcv26 at 14:28| バストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

睡眠することがバストアップには重要





随分昔から、バストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)のための器具やサプリメントと言うものは色々販売されてきました。

近頃の日本人女性は、昔と比較すれば随分バスト(大きさ、形が気にならないという女性はまずいないのではないでしょうか)が大きい女性が増えましたが、だからこそ、小さな胸に悩む人はより深刻なのかもしれませんね。

様々なサプリメントを利用したり、エクササイズを行ったり、器具を利用したりと涙ぐましい努力を続けている方も少なくないことでしょうが、バストアップには睡眠がとても密接に関係しているのをご存知ですか?

寝る子は育つというのはどのような人でも知っていると思いますが、それは深夜10時から午前2時くらいまでの睡眠中に成長ホルモンが一番活発に分泌されると証明されているからなんですね。

ですから、美肌のためにも深夜10時から2時の間は寝ていなければならないと言われるのですが、当然ながら、バストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)にも、この成長ホルモンが大きく関係しているのです。

睡眠不足は美容の大敵といいますが、美容だけでなくバストアップ効果にも影響をおよぼすと思っています。

そして、睡眠時間は「取れば良い」というものではなく、あくまでも成長ホルモンが一番活発に分泌される午後10時から午前2時の間にシッカリ睡眠をとるということが重要なんです。

また、かつては睡眠中はブラジャーをしないほうが良いという説も有りましたが、バストは変幻自在で、小さくても垂れやすいので、バストアップ(大きなサイズのバストを好む男性が多いのは本能なのでしょうか)効果があるナイトブラを着用して寝るのがいいと言われています。



posted by ゆうとcv26 at 14:28| バストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

胸が大きくなるサプリメントには?





大きな胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)は女性の憧れです。

手軽に簡単に、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)だけ大きくすることができれば、どれほど良いでしょうか?

最近では、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)が大きくなると言われるサプリメントも出てきています。

たくさんの成分があるとはいえ、女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)と同様の作用をするものがほとんどのようです。

やっぱり、女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)は胸を大きくするのに欠かせない成分なのでしょうかね。

女性ホルモンに似た作用があるということで有名な成分に、大豆イソフラボンがあるのでしょうか。

大豆にたくさん含まれている成分です。

大豆イソフラボンは、更年期障害にも大きな効果があると言われています。

実際に摂取している方も多いのではないでしょうか?

他にも、バストアップができる成分として、最近注目を浴びているのが、プエラリアです。

正式名称は、プエラリア(タイとミャンマーの国境付近の原生林に原生しているそうです)ミリフィカといいます。

マメ科の植物で、タイやミャンマーの山岳地帯に自生しているのです。

プエラリア(サプリメントなどで服用する場合、品質には十分に気をつける必要がありますね)には、大豆よりもはるかにたくさんのイソフラボンが含まれているそうです。

バストアップだけでなく、美肌(スキンケアも大切ですが、生活習慣や食生活も重要です)効果や更年期障害への効果も期待できるでしょう。

また、ほかにも、プラセンタ(原料と含有量には十分に注意すべきでしょう)やボロンといったサプリメントもあります。

これらの成分は、女性にとっては魅力的な成分です。

しかし、たくさん飲みすぎると却って生理不順などの不調を起こすこともあるようです。

それに、人によっても効果の程は様々なのです。

サプリメントだけに頼るのではなく、バストアップの体操なども取り入れると良いでしょう。










<PR>
ムダ毛処理の方法!自分でムダ毛を処理するには?
胸を大きく見せる方法!バストアップさせるには?
posted by ゆうとcv26 at 14:28| バストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。